当院の特徴ある医療サービスOur services

大腸3D-CT検査

大腸3D-CT検査とは、内視鏡を使わない新しい大腸検査です。大腸内を二酸化炭素で膨らませてCT撮影を行い、大腸の形状や内部の状態を診断します。前処置法や検査での身体の負担が比較的少ないのが特徴です。画像診断は国立がん研究センターの専門医が行ないます。
精度の高い大腸がん検査が可能です。

検査当日の流れ
  1. 検査当日は朝食を食べません。来院後、検査着に着替えていただきます。
  2. CT検査室入室後、検査用パンツに履き替えます。検査台に横になります。
  3. 肛門からチューブを挿入します。大腸粘膜をよく観察するためにチューブから炭酸ガスを入れていきます。
  4. 続いて体位を変えて2回本撮影を行います。各撮影時間は約10~20秒です。
  5. 画像確認後、チューブを抜いて検査終了になります。CT検査室に入ってから出るまで約20分です。
  6. 検査終了後、不快感などがなければそのまま帰宅していただけます。結果報告書は約3週間後に郵送にてお届けいたします。

※検査の2日前から簡単な食事制限があります。前処置が必要になりますので、検査の2日以上前にも受診が必要です。

経鼻内視鏡検査(鼻からの胃カメラ検査)

経鼻内視鏡検査は内視鏡が舌のつけ根を通らないので通常の経口内視鏡検査に比べて嘔吐反射を起こすことがほとんどなく、苦痛なく安全に検査を受けることができます。また口が自由になるので、検査中医師の説明を聞きながら対話することも可能です。

検査当日の流れ
  1. 検査当日は朝食を食べません。来院後、検査着に着替えていただきます。
  2. 検査室入室後、液体の薬(消泡剤)を飲みます。
  3. 医師の問診後、検査台に横になります。
  4. 鼻腔に麻酔をします。
  5. 鼻から内視鏡を挿入し、医師が検査を行います。検査室に入ってから出るまで約30分です。
  6. 検査終了後、医師が簡単な結果報告をします。詳しい結果報告書は後日郵送にてお届けいたします。
    検査終了後1時間後から飲食可能です。

院内ラボによる血液検査

正確な検査結果は正確な診断に欠かせません。そこで、当院は日本の大手血液検査会社のサポートで、院内に血液検査施設を設置しています。血液検査を当院内に設置した検査施設にて行なうことで、検査結果を迅速に測定できます。また、経験豊かな検査技師が正確な検査結果を導きだします。検査結果を基に、担当医師が検査当日に検査結果をご説明いたします。

メタボ改善サポート(メタボ外来)

メタボリックシンドローム該当者、メタボリックシンドローム予備群、および減量を必要とする方を対象にメタボ外来を開設しています。
医師・看護師・管理栄養士が各自に合った改善プランをご提案し、6ヶ月間の減量サポートを行ないます。

改善サポートの流れ
  1. 来院後(もしくは健康診断後)、医師または看護師、管理栄養士と減量プランを作成します(当院で健康診断を受けていないお客様は直近の健康診断の結果をご持参ください)。体重等の記録を行なうモニタリングシートをメール添付にてお送りします。
  2. プランに従って減量に取り組んでいただきます。気持ちの低下を防ぐため、2週間に1回管理栄養士によるサポートメールをお送りします。体重等を記録したモニタリングシートを添付してご返信ください。
  3. 初回受診から2ヶ月後に再度当院を受診していただき、身体測定・血圧測定・血液検査を行ない、減量に伴い健康診断の数値が改善しているかをチェックします。必要に合わせてプランの見直しを行ないます。
  4. 初回受診から6ヶ月間(2)(3)を繰り返します。
    ※受診間隔は2ヶ月に1回です。
  5. サポートは6ヶ月間で終了になりますが、ご希望によって期間を延長することも可能です。